banner

高い価格で引き取ってもらう?

廃車でも状態によっては買取業者に高い価格で引き取ってもらえます

自動車を廃車にするには、手続きとお金とが必要になります。具体的には、車籍の抹消登録をすることになるのですが、これは行政書士に依頼すれば1万円ほどの費用がかかります。自分で抹消登録をすることも可能ですが、平日に運輸支局に行くことになるので、手間がかかりますし、仕事を休んだりする場合にはスケジュール調整も必要になります。

また、車籍の抹消登録だけでなく、解体作業も必要になるので、解体業者のもとへ自動車を運ばなければなりません。そして解体費用とリサイクル料金とを、それぞれ1~2万円ずつ支払うことになるのです。また、自動車が故障していたりする場合には、解体業者のもとへのレッカー移動が必要になります。そのため、それを依頼する手間も費用もかかることになります。

このように廃車には、労力とお金とがかかるのですが、これらをほとんどかけずに自動車を処分する方法もあります。買取業者に、引き取ってもらうという方法です。
買取業者は、廃車を中古車として販売しています。中古車として利用できないほど壊れている場合には、解体して部品を販売したり、金属として再加工したりします。特に日本の自動車は部品の質が良く人気が高いので、壊れていても利用価値が高いのです。そのため買取業者は、自動車の状態が良ければ当然高い価格をつけてくれますし、そうでなかった場合も相応の価格で引き取ってくれるのです。

それに加えて、多くの買取業者が、抹消登録手続きを代行してくれます。つまり、行政書士に依頼したり自分で運輸支局に行ったりする手間が省かれるのです。さらにその手数料を請求せず、無料で手続きをしてくれるところもあります。レッカー移動も、無料となっていることもあります。

このように、乗らなくなった自動車は、買取業者に引き取ってもらえば、廃車の手間もお金もかけずに済むのでお得なのです。査定価格は、その自動車からどのくらいの利益を期待することができるかによって決まってきます。また、どのくらい手を加えることになるかいう点も、重要になってきます。たとえばタイヤを再利用したくても、泥だらけだとクリーニングの手間がかかることになります。しかしあらかじめ洗われていれば、その手間が省ける分、買取業者はそれを査定価格に反映してくれるのです。つまり、良い状態にしておけば、それだけ高い価格で引き取ってもらえるということです。

状態によっては買取価格が0円になることもありますが、それでも廃車手続きや解体手続きをする場合と比べると、費用が発生しない分お得と言えます。”

Copyright(c) 2016 廃車でも状態によっては買取業者に高い価格で引き取ってもらえます All Rights Reserved.